トラベラーズノートを購入とその使い方

表紙

トラベラーズノートを購入しました。

これまでMoleskineやほぼ日などを買っては途中使わなくなったので、購入までには相当悩みました。

それでも購入した決めては、仕事だけでなくプライベートにも使えるということ。

ノートを挟み込んで使うという方式のため、仕事とプライベートを分けて管理できるし、共存もできるというのはポイントが高かったです。

まだ購入して一週間立っていない状況ですが、プライベートのノートだけが密度が濃くなっていて仕事用ノートは今のところ使っていません笑

仕事用のノートも色々カスタムして使えるようにはしていきたいと思います。

で、今のトラベラーズノートの構成ですが以下の通り。

 

トラベラーズノート本体:黒

①Ca.Crea(カ.クリエ)くろ

②001無罫(ノートリフィル)

③008ジッパーケース

※004連結バンドを使って①と②をつなげています。

 

③のジッパーケースを一番上にして①と②を挟み込むような形で使っています。

①は、002セクションと悩みましたが、黒をなるべく使っていきたいと思っていたので黒ノートがあるCa.Creaに。

015ペンホルダーの購入も悩みましたが、結局ジッパーケースの中に入れ込むことでひとまず解決。

大急ぎで書かなきゃいけないこともないし、ということで(でも将来的には買いそうですが)。

 

使い方ですが、以下のように考えています。

①このノートの中に自分の今を記録

②日付と一緒にアイデアを残す

 

①ですが、これまでデジタルに記録を残してきましたが、紙にリアルに残る記録の記憶の定着は相当高いため、今の自分にとって記憶の定着が必要なものに関しては、ノートに残していこうと考えています。

実際に現時点で残しているのは、読んだ本であったり、好きなアーティスト、名言など。

残す基準は、「人と話しているときによく思い浮かぶもの」。

例えば、好きなアーティストの説明をするときに、実際にビジュアルがあった方が良いです。本とかもそうですが、きっと表紙があったり、価格がわかったりした方がわかりやすい。

ですので、人に紹介するという視点で記録をするようにしています。

あと、手書きではなく、一旦デジタルデータにして、印刷して貼り付けるようなスタイルにしています。この方が修正が効くので良いのと、汚い字が隠せるので良いです。

②はビジネスユースを想定しているのですが、企画書を書く際に前段階として全体のプロットを考えたりする際に紙に一旦落として考えるのですが、このような基のアイデアを残していきたいと考えています。

MBAで初めに教えられることの一つに、「アイデアは自分の名前と日付を明記すべき」というのがあるそうです。アイデアは資産であり、個人にとって大切にしなければものだという考え方なのだそうですが、共感できます。

「表紙を開いて1ページ目にノートの目的を書いています。2ページ目(画像右)は”My Principal”として生き方というか信条のようなものを書いています。弱ったときとか、自分を見失いそうになったときなど見ようと思ったとき読めるようにしています」

「読んだ本の中でよく話をしたくなるものの備忘録。人に紹介することを前提に書いているので表紙とか価格も記載。デジタルデータで作っていることもあって重要な点なんかはマーカーをつけることもできますが、そこは強調するためにアナログでおこなうことに。デジタルデータ➝貼り付ける方式でおこなう場合、デジタルで簡潔させるのではなくアナログ要素をあえて残すと記録感が出て良いかなと思っています。あと、余白を作るようにもしています。追加情報があればそこにちょちょっと書けるので」

「影響を受けた作家をデジタル化。上がリヒターで、下がオンブリーです。これらの作家も人に紹介するときに、いちいちケータイを取り出して画像検索してこれです的な紹介をしていたのですが、手帳でちゃちゃっと見せた方が共有感が出るというかわかりやすいかなと思っています。それに好きな作家の作品をいつも見られる状態というのはなかなかたまらなくて良いです。」

「こういうコンパクトにまとまった名言というか教訓のようなものが好きでためているのですが、結構忘れがち。時々読み返す価値があるものを備忘。」

 

これまでなんで私が手帳が長続きしなかったか、今のところわかったことは、スケジュールなんてデジタルでやればいいのに無理矢理スケジュール管理をしようとしたこと。あと仕事とプライベートを無理矢理分けたり、逆に混在したりしたあまりに統一感がなくなってしまって継続する気がなくなったためかと。加えて、日頃からデジタルの作業をしているのに、いきなりアナログな作業をするためか、なんとなくノートが汚くなってしまうということか。

使い方についてはまだ検討中ですが、デジタルからアナログに移す作業はかなり没頭感があります。一時期、チラシやフライヤー、ウェブの画像などを使ってコラージュを作っていた時期がありましたが、この感覚と似ていて楽しいです。

メモが苦手な人は、このデジタル・アナログメモの方法をオススメします。

 

今後ですが、以下をやってみたいなと思います。

◯ライフログ・・・フォーマット作っていきたい。
◯ビジネス用ノートテンプレート作成・・・カレンダーとか地図とか貼る
◯教養系・・・日本酒、蕎麦、釣り、サーフィンの基本情報作り
◯ファッション系・・・ファッション絡みで何か作りたいけど構想中
◯1ジャンル1種の最高のグッズ・・・写真だけでなく歴史なんかも調べたい

など、結構やれること多いなあ。トラベラーズノート楽しいです。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。