Twitter Favorite to WPエントリー方法

ようやくできました。
TwitterのFavoriteのWPへの自動投稿システム。

先日Twitterが始めたF☓ckin改変によって、外部コンテンツへの自動吐き出しに制限がされるようになり、色々経由しておこなう必要があります。
今回は私のやり方をご紹介します。

「IFTTT(http://ifttt.com)」というウェブサービスを使っていきます。
「IFTTT」は、様々なSNS機能を簡単設定でつないでくれる便利ツール。
日本では馴染みのないSNSもありますが、TwitterやFacbook、WP、Evernote、Instagram、メールなどを連携させてプッシュ型の情報収集ができるようになります。
例えば、これらSNSを更新したらメールに自動転送させ、備忘録を残すこともできます。
複数のSNSを一つのサービスとしてまとめることなんかもできます。

で、このサービスを使って以下のような設定をしています。

①GoogleReaderにTeitterのFavoriteのフィードを登録
②登録したフィードに「☆」をつけると、
③GoogleReaderの☆がついたフィードをWPへ投稿するように設定

私の場合は、スマートフォンでGoogleReaderを読めるアプリとWP公式アプリをインストールして、GoogleReaderアプリで☆をつけて、WPで投稿するように設定。自動投稿もできますが、IFTTTがGoogleReaderを重複して読み込んだ結果、WPで連続投稿してしまう場合があるためWPの投稿を「下書き」に設定しています。
私の場合、IFTTTで「Check now(強制読み込み)」してしまうからなのかもしれませんが、「下書き」で使っています。

このIFTTTは、相当使えそうなので今後も色々活用していく予定。
面白いウェブサービス。

Twitter by IFTTT

IFTTTはかなり使えます。
Twitterが改悪をして連携系を妨害してしばらく経ち。
Twitterのお気に入り機能が、後で読む機能以上の無用の長物になって久しい状態に。

以前IFTTTはウェブ上の色々な情報を勝手に集めてくれる秘書的な役割を実装するのに使おうと思っていましたが、
Twitterでもこのサービスは相当使えます。

私が設定しているのは、今のところ以下の2つ
・お気に入りをWPに自動POSTする
・つぶやきをWPに自動POSTする

これからやりたいことは、こんなこと。
・気になるガジェットを勝手に調べさす
・検索サイトとの連携
・RSS機能の使い勝手が相当良いので、この辺の連携

IFTTT、かなり使える(けど相当暇じゃないとやらないかも・・・)!

Good Product “tear-off USB Stick”

20121021-135338.jpg

これは良い。
ハコモノ至上主義の環境の中育った私としては、「プロダクト=側」という認識に立ってプロダクトを考えがちです。
この「tear-off USB Stick」の観点は、「どうせ捨てるか、持ってことすら忘れてしまうようなモノは簡単に作ってしまえ」という合理的な発想につながるヒントとなった。
エコって発想をシャープにするための方法の一つな気がします。
まだ開発中ということですが、実現して欲しいです。
ちぎった時に記憶装置が持ってかれたんですけど…とかいう購入者のクレームなんかに恐れずね。


「シリアスゲーム」の可能性

「シリアスゲーム」というのが注目されているらしい。

ちょっとマジメな「社会問題」を解決することを主な狙いとしているゲームですが、最近では節電ゲーム「#denkimeter」が注目され、自宅の電気メーターの数値を入力すると、前回(1時間前や1日前など)の記録から使用量を自動的に計算。どれだけ消費電力を減らす努力をしているかを「戦闘力」(ポイント)に変換して、ほかのユーザーと競い合う仕組み。
そのほかにも国連世界食糧計画(WFP)「フードフォース」という食糧危機が迫るインド洋の住人を救うシナリオで、プレーを楽しみながら、食糧活動支援(食糧の調達・搬出・輸送など)への理解を深めるデザイン。

選挙プロモーション、中国人向け英語学習、消防士訓練、動物園経営、米軍の新兵募集、第二次世界大戦時の歴史教育、子どもの起業意識向上などがあるらしいです。
サイト内でユーザーが何かを成し遂げた時にはポイントやバッジなどの褒美を与える。またランクアップ、バーチャルグッズのトレーディングやギフトの交換、またユーザー間の競争(スコア表示)といったゲーム的な仕掛けで話題づくりをする。
結果、ユーザーに「達成感の演出」「進捗状況の可視化」「他社との連携」などプラスαの面白さを与えるとのこと。

ゲーム化すると、没入するので疑似体験が容易で、当事者意識を醸成しやすいためこの手のゲームが注目されてきているのでしょう。
問題を問題として提示するのではなく、そこにある現実として提示されたときに人は解釈のゆとりが生まれて自主的に物事をとらえることができるということか。
しかし、ゲームのような一定時間疑似体験させないと理解できない共有というのもどうなのかとも思うけど、世の中には社会的にも個人的にも問題や選択肢が多すぎて掴みやとっかかりが重要になってきているとすれば、ゲームという現代的な演劇に没入することで世相を理解してきたこれまでのアプローチを踏襲しようとする流れとなるのは自然なのかな、とも思います。

こ、これは!でもデカ…

こ、これは!でもデカ過ぎ? 「いよいよ日本上陸! 次世代レーザーキーボード「マジックキューブ」 http://t.co/zL6QIEl via @gizmodojapan #gizjp

Windows7で突然インターネットがつながらなくなる件

リモートデスクトップ環境は仕事をしていく上で必須ツールです。

この環境を作っておかないと年間数十時間は、プライベートな時間がなくなります。

自宅のiMacには、設定がされていないのでMacBookAirを買った機会に導入しよう、と考えたのが始まりといえば始まりです。そう、突然VMwareでリモート仮想デスクトップしていたWindowsのネットがつながらない状態に。

Macの方はつながっている状況なので、Windowsに入れた「LogMeIn Hamachi」が何らかの影響を与えた様子。色々調べてみると、Windows7はIPアドレスを自動設定⇒手動設定するとDHCPが機能しなくなるという既知の不具合があるらしく、方法はいくつかありました。試した方法は以下。

(1)IPアドレスを固定化する
(2)コントロールパネル⇒管理ツール⇒サービス⇒DHCP Clientの再起動
(3)「regedit」(レジストリエディター)⇒tcpip⇒Parameter⇒Interfaces⇒{ }で括られたファイル内の「DefaultGateway」の謎の改行削除
(4)OSの再インストール

上記すべて行うもできず。これは壊すしかない、と考えつつ「Windows7 でフォルトゲートウェイ 空白」を10回以上検索して全ページをチェックしている中に以下の記載が。

「直りました!McAFeeが干渉していただけでした。」

速攻でMcAFeeのファイアーウォールを切る…と無事開通!となりました。

結果だけ見ると単純ですが、これは盲点でした。次回からはネットワーク系のトラブルはこの点を疑うことにしよう。

ということで、リモートデスクトップも無事、自宅の環境を見ながら行ったり、MacのVPNを設定することで開通!しました。VPNは昨年の夏にし倒したのでこの知識が活きた形か。

やれやれということでまた快適なMacBookAir環境が復活+αとなって最高になりましたとさ。

MacBookAirのジャケット「TUNEWEAR CarbonLook for MacBook Air 11」

同時に購入したジャケット。カーボンぽい材質のところはゴムっぽくて柔らか。筐体の上に物が乗っても気にしないで済むのは良いですよ。超オススメです。

MacでLive DVDから音楽だけを取り出す方法

この前の誕生日に買ってもらったFatboy Slim ” Big Beach Boutique II “がかなり良い!

「音楽DVDとかっていつ聴くんじゃい」と思っていましたが、パソコンに常時挿入しっ放しにして30分以上の作業をするときには必ずと言っていいほど再生しています。DocにDVD再生ボタンを追加するほど頻繁!!

で、CDも併せて買ってもらったのですが、DVD版の構成とサービストラックがどうしても家でなくても聴きたいので、まとまった時間ができたので「DVDから音楽だけを取り出す方法」を備忘。

まあ、mortal pandaさんの「MacでDVDから音声を抜き出してライブアルバムにするメモ」を読んでいただければ良いんですが、こちらのサイトで紹介されていた方法をそのままやったらできた、ということです。

順序は、まずDVDからVOBファイルを取り出す。
そのVOBをaiffまたはmp3に変換する。だけ。

DVDからVOBファイルを取り出すソフトは、0SEx(http://www.macupdate.com/info.php/id/9830)。
そのVOBをaiffまたはmp3に変換するソフトは、a52decX(http://homepage1.nifty.com/~toku/software.html#a52decX)。

DVD自体は2時間ほどの映像ですが、制作時間はトータル30分程度。ほかのリッピングソフトだと何十時間かかるというものもあるらしいですが、これらのソフトは速攻です。

これなら音楽DVDをもっと楽しめる、か、も。
あと気になっているライヴDVDは安室奈美恵の「namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009」。
大分安くなってきたから気が大きくなったときにでも買おう。

世界のネット利用者 備忘メモ

携帯電話の加入件数は53億と世界人口の90%。
国際電気通信連合(ITU)が10月19日に報告。
世界のインターネット利用者は過去5年で倍増。
2010年は2億2600万人増えて、20億人を超える。自宅にネット回線のあるユーザーは2009年には14億人で、今年は約16億人増。
20億人のネットユーザーのうち、12億人は開発途上国のユーザー。
ネット人口最多は中国で、4億2000人以上。
ネット普及率は先進国で 71%、開発途上国で21%。
先進国ではネットユーザーの65%が自宅からアクセス。
開発途上国では自宅からのアクセスは13.5%。多くは学校や職場など公共の場所から接続している。
2010年末の時点で、固定ブロードバンド回線の普及率は8%の見込み。
先進国(24.6%)と開発途上国(4.4%)で普及率に大きな開きがある。

携帯電話は世界人口の90%に普及。携帯電話加入件数は推定53億件に上る。
開発途上国での普及率は68%、先進国は携帯市場が飽和しており、100人当たりの加入契約数は116件となっている。3Gネットワークの普及が進んでおり、2005年に7200万件だった加入数は9億 4000万件に伸びている。

【引用】世界のネット利用者、2010年に20億人超え——ITU – ITmedia News

勝手に情報収集する何かが作りたい

勝手に情報を収集することができないだろうか・・・。

インターネットで今、自分が興味があることを自動で収集する方法を検索中。

Twitter botがこの辺になるんだろうけど、ちょっと足りない。

Google Botを作りたいくらいの勢いなので、かなりの研究がいるなぁ。

ということで、必要とする機能を羅列してみる。

  • 興味のある情報を勝手に類推する
    類推する範囲は、このブログの情報から
  • 情報を自動でまとめて、わかりやすい形式にしてメールで送信
  • もっとくわしく知りたい場合は、リンクでたどれる
  • リンクで辿ったり興味のあるリアクションをするとその情報を蓄積して、嗜好の範囲を拡張してくれる
  • 情報の優先順位は、Twitterやブログなどリアルタイム情報を高に、GoogleやYahooの検索結果は低に設定。
  • 学習する機能を付けて、嗜好から情報を提案する。

もっと具体的に研究していこう。これは久しぶりに楽しそうだ。

まずは、はやりのTwitter botから始めてみるか。

WalbrixをVMwareで動かしてみる

OS、サーバ、NASのど素人がVMwareを使って3日目くらいの知識でWalbrix(OS)をインストールできたので、ご紹介。

NASを調べているときに発見した「Walbrix」。
Windows2000でも動作する(まぁ2000はWindows史上最強だけどそのことは置いておいて。古いという意味)OS。
古くなったPCをNASとして利用しようというのがコンセプトの純和風?のOSです。
スピードを強調したYouTubeの解説動画を見たり、ウェブサイトをちょろちょろみているとなかなか面白いことができそうだ。ということでインストールをしようとしている。しかもVMwareで。
WalbrixのサイトのQ&Aを見ているとVMwareでの使用に対する回答をしていることもあり、どうやら他にも同じことを考えてらっしゃる方がいるようで、それならということで。
さっそくISOファイルのダウンロード(30分くらい)。
最近NASを調べていることもあってウェブの裏側の事情がわかってきて勉強になります。サーバ関連の知識は会社のサーバの移転やら運用(の管理)やらでがっつりではないにしろ、基本的な知識はそこそこあります。ていうより、「なんかそれ聞いたことがある」程度のものですが、そういった知識がつながっていく感じがして楽しいです。Flashの習い立てのような新鮮な気持ち。

で、インストールはじめましたが若干手間取りました。
ポイントは、以下の2点。
1.インストールするOSをVMware ESXを選択する
2.ISOを読見込む前に、ハードディスクに「IDE」を追加しておく(デフォルトがSCSIなので手動設定が必要。領域設定は20M)

これでインストールを押すと勝手にインストールが始まります。
YouTubeの動画と違い、やったらインストールの時間がかかります(20分くらい)。これは仮想PCだから?意味はわかりませんが、とりあえず若干ですがローディングバーが動いているので間違ってもサスペンドしないように。
インストールが無事に終わると、自動で再起動しようとしますが、適切なハードディスクがないだの、本当はCDがないとダメだの、といったアラートが出てインストールが完了してくれません。
解決方法はカンタン。VMware側で一旦パワーオフすることw
一旦パワーオフしてオンすると・・・ブートがはじまります。これがまた5分くらいかかります。
70%くらいいくとVMwareのパスワードを求められるので入力すると、開始です。

ひとまず管理画面で 仮想マシン > 全文検索エンジン付き簡易NAS をダウンロードします。
・・・うーん、ダウンロード遅っ! Walbrixサイト内にもありましたが、やはり仮想環境内に仮想環境を作る発想が誤りなのか。遅過ぎです。
仕事でもリモートアクセス使っているけど、バーチャル環境だとやっぱり遅いものです。
VMwareでのWalbrix…こりゃ実用的ではないわ。

というオチ?
そんなこと言わず、ちょっとしばらく弄ってみます。

Firefox Sync使ってみた

予定通り、ブックマーク表示できず...。
ヘルプを見たら速攻で同期できました。
参考にしたヘルプは、Firefox Sync の 同期データを置き換えるで、Firefox Syncアドオンをインストール後にポップアップウィンドウで表示される「はじめてですか?」「ほかのPCでも同期してますか?」的な二択のアレで後者の方を選択する方法。再び選択するためには、Firefox > 環境設定 > Sync で「アカウント管理」(▼印がついている四角アイコンの右隣) > 別のアカウントを使用 を選択して初期化するとできます。既に他のPCでFirefox Syncをインストールしていれば別ですが、初めてインストールする場合なら、全て「次へ」ボタンを押して進んでいき、PC上での処理が終わった後に、再びiPhoneに戻り「Setting」で「Refresh」ボタンを押下すればOK。

インストールした感想は、で?という感じ。
ブックマークはGoogleツールバーを使っているので、特にFirefoxのブックマーク使わなくても良いし・・・というか。
まだ大して使ってみていないのでアレですが、「タブ」(≒ 履歴?)は意外に使えるかもしれない、などと思いつつ。
例えば、ウェブをガンガンやっていて、外出しなくてはいけなくなったときに、出先からさっきの続きのウェブを見るために、appを立ち上げてRefreshすれば、続きを見られる、とか?(そんな機会そんなにねー)という感じでしょうか?
ノマドワーキングとか言われている昨今ですが、ノマド化を進めていくとますます物理的な移動とかは、無意味なものになってきたりして、レジャー化するのでしょうか?息抜きとか?
ネガティブに考えれば昭和生まれの私としてはアレですが、個人的にはいたってポジティブにIT化の恩恵を楽しんでいます。
まだまだ物理的な手段が有効な時代の現代にあって、アレコレ気になってちょいちょいウェブで調べたり、分厚い本で情報収集しているような人が、これからはITをブリブリ活用する素質をもっているのではないかと睨んでいる。
便利になったって使わない人は使わないし、便利と思う人はそもそも不便さを感じていないと便利と感じないわけですねぇ。

spモード

spモードというのが出るらしい。。。

どうも、DoCoMoは偉そうなイメージがあって、iPhoneなんぞどこ吹く風かと、さぞ大上段から構えたサービスを展開してくれるのかと思いきや、意外にスゴいかもと思いました。

ITmedaのレポートは以下の通り(http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1007/15/news011.html)。

spモードでは、これまでiモード端末で利用していた「@docomo.ne.jp」のメールアドレスをスマートフォンで継続して利用できるほか、 新たに「@docomo.ne.jp」のメールアドレスを取得できる。このほか、有害サイトへのアクセスをブロックする「spモードブロック」と、購入し たスマートフォン向けアプリの代金を毎月の料金と合わせて支払える決済サービスも提供する。対応機種は「Xperia」「LYNX SH-10B」「dynapocket T-01B」 「SC-01B」「T-01A」。利用料金は月額315 円。ちなみに、spモードの「sp」は「smart phone」を意味するほか、コミュニケーションを連想させる「social」の「s」や、スマートフォンがユーザーの好みに応じてカスタマイズしやすい ことから、「personalize」の「p」も意味する。

spモードメールについて、「iモードメールに対応」とうたっていないのは、「iモードメールとは機能が異なるため」(説明員)。iモードメールが送受信 できる添付ファイルは最大2Mバイトだが、spモードでは最大10Mバイトのファイルが送受信可能。また、メールアドレスのあて先はiモードメールは最大 5件だが、spモードでは最大100件を設定できる。spモードメールもプッシュ通知に対応しており、iモードメールと同等の早さで利用でき、iモード メールと比べて受信するまでにタイムラグが発生する、といったことはない。

「@docomo.ne.jp」のアドレスがスマートフォンで使える。

ふむふむ。

利用料金は月額350円。

・・・へぇ、金とるんだ。

添付ファイルは、iモードでは最大2Mバイトのところ、10Mバイトの送受信が可能。

ふむふむ。

メールアドレスの宛先を最大100件まで設定可能。

ひつようねー。

プッシュ通知に対応していて、iモードメールと同等の早さで利用可能。

むーん。

DoCoMoの最大の武器は、メールでしょう。このことをわかりながら胡座をかいていたわけですが、そういうわけにもいかない状況ということで、ついに動きましたね。

個人的には、国内の電話会社と競うのではなく、ノキアやエリクソン、サムソンなどと競争してほしいなぁと考えるわけですね。私はiPhoneなので、SoftBankなのですが、やはり日本人なので、ナショナルブランドを使いたいと思うのが本音。日本の精密な技術を使ったパワフルな最新携帯作って下さいよー。頑張れDoCoMo。ちなに、iPhone以外の携帯はauだけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。