iPhone x HTML5 x Processing

2008年からiPhoneユーザであり、今回のiPhone6 Plusの購入で4台目のiPhoneとなります。

6年間iPhoneを使い続けて、いつも思うことは「こいつのポテンシャルを十分に引き出しきれてないな」ということ。

3Gや4ではJailbreakして遊んだり、VPNで自宅PCにアクセスしたりして楽しんだりしましたが、まだ機器としてのポテンシャルをまだ弄りきれてないなと。

そこで、最近iPhoneの機器的な機能を使ったウェブアプリの開発をおこなっています。

Details »

回線変更時のQNAP再接続方法

YahooBBフレッツひかりにした影響で回線関係を色々調整。
QNAPの設定に手間取る。

というのも外部からアクセスさせるためにVPN設定しており、その関係でIPを固定にしていたためにQFinderで発見されず手間取りました。
現在のネット回線状況も未知の状態で現状では未解決。
構成は以下。
①NTTモデム・ルーター
②YahooBBモデム
③無線LAN機器

かつて繋がっていた
頃の構成は以下。
①KDDIモデム・ルーター
②無線LAN機器

このようにYahooBBのモデムが間に絡んでいるため、複雑な状況に。
色々調べた結果、以下のような状況になっていると理解。
①NTTモデム・ルーター:モデム+ルーター
②YahooBBモデム:ネット回線(?)
③無線LAN機器:無線LAN専用(つまりルーター機能なしのブリッジ接続のみ)

結果、これまで無線LAN機器にQNAPを接続していましたが、YahooBBのモデムに接続してようやくQFinderで表示されるようになりました。
表示された後は、「設定」からIPアドレスを新モデムに対応したアドレスに変更してアクセスできます。

ここで問題が。

これまで機能していたQNAPの簡単VPN設定がうまいこと機能しない。

おそらく、上記の複雑な構成でどこのルーターをいじったら良いのかわからない状態になっていると予想。
これは手動での設定が必要になるのかも…。
また設定の日々が始まるのだろうか…ちょっと楽しみ。

【追記】
<そして15分後(入浴後)>
VPN設定をしたまま、そのまま放置。
先ほどやったときは5分くらい放置しても更新されない状態でしたが、設定が完了してました!
そして現在設定の適用中…これまたヒドく時間がかかりました(20分位)。
無事開通。
VPNも無事開通でした。

<それはそうと・・・>
QNAPがバージョンアップしてて今風のインターフェースになっててビビる。
「管理設定」は相変わらずの5年前のiTunesぽいまま。

iPad+Vjay+iPone5+Mixtrax+AirServer+Ustream ProducerでVJ+DJ

ひとまずUstreamのライブ配信実験終了。
iPadの安定感は抜群です。
回線速度に難があり、ぶつ切りに。
この週末に光回線になるからまぁほぼ問題ないレベルでしょう。

セッティングは以下。
1.メイン配信 MacBookAir(2011 Mid)
2.映像 iPad「Vjay」
3.映像出力 AirServer
4.音楽 iPhone5「Mixtrax」
5.配信 Ustream Producer

基本的には、音の出力から映像出力はAirServerでOK。
映像は、Mac側でUstream Producerの出力エリアを選択して放映。
AirServerでiPhoneとiPadをAirPlay出力。
音はiPhoneのMIXTRAX。映像をVJayに設定。

こういう感じで。

iPad128GB購入シュミレーション

「で、俺は一体毎月いくら払えばいいわけ?」

となるくらい複雑な価格体系。

買う気を削いでいるのか、契約系の流儀に則ってか、知らないけど、本当にわかりづらくなっている。

ということで、シュミレーションをまとめてみました。
その前に、スペックと状況説明。

※記載内容は、必ず自分で確認してください。本掲載内容に係る責任は一切負いかねます。

容量:128GB
タイプ:iPad Retinaディスプレイモデル Wi-Fi + Cellularモデル
スマホ:iPhone5を所有(キャリア:ソフトバンク)
状況:仕事の流れでデータ資料を大量に持ち歩く必要性が生じる。そのデータはすぐさま参照できるようにして、データとデータを照合してアウトプットしたい。
職場のWifi環境はばっちりなので、職場にいる限りネットで困ることはナシ。オフィス以外の場所に行くことはほぼない。だからネット環境は常にある状態。

ステップ1:以下の3ページを参照する。

ステップ2:基本的な事前情報を知る
「スマホ割対象か」「本体価格」「通信用プラン」の3つです。
「スマホ割対象か」については、ソフトバンクのケータイと契約しているか否か。Yesなら対象です。
「本体価格」については、77,520円です。
「通信用プラン」については、以下の3つがありますが、私の場合は2を選択。ネットをあまり使わないかもしれない人用のプランが3ですので、いくらつかっても(毎月ご利用のデータ量が7GB上限)良いこっちのプランが良いだろうと踏む。

  1. (iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE(プログラム)
  2. 基本使用料:5,460円/月 (2年間)
    条件:「ソフトバンクと契約した端末を持っていない」といった全く新規でソフトバンクと契約する人用

  3. (iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE  (スマホまとめて割 ご利用の方向け)
  4. 基本使用料:4,410円/月(2年間)
    条件:ソフトバンクのケータイやiPadを契約している

  5. (iPad専用)ゼロから定額プラン for 4G LTE  (スマホまとめて割 ご利用の方向け)
  6. 基本使用料:0円~ 4,935円(2年間)
    条件:ソフトバンクのケータイやiPadを契約している

ステップ3:あわせる
料金をまとめるにあたって、iPadの分割払いに関して「iPad 向け月月割」がつく。本体価格を何ギガモデルでも2,240円割り引いてくれるプラン。

私の支払いケース例)
◯iPad Retinaディスプレイモデル Wi-Fi + Cellularモデル 3,230円/月(66,800円)
◯(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE  (スマホまとめて割 ご利用の方向け)4,410円/月
◯iPad 向け月月割 利用 -2,240円/月(-53,760円/2年)
◯スマホまとめて割 利用

計)5,400円/月(本体価格:13,040円)

5,400円/月か・・・結構するな。

他のモデルだと以下の感じ。
64GBモデル:5,070円/月(15,840円 2,900円)
32GBモデル:4,740円/月(7,920円 2,570円)
16GBモデル:2,170円/月(0円 2,240円)

あんまり変わらないなぁ。
16GBくらいまで落とさないとお得感が出ない感じ。

う〜ん、悩む。

SPWorks”COW” & “Gallo”

20130106-145307.jpg


“COW”

“Gallo”

created with “Lo-Mob” app & “Decim8” app

Twitter Favorite to WPエントリー方法

ようやくできました。
TwitterのFavoriteのWPへの自動投稿システム。

先日Twitterが始めたF☓ckin改変によって、外部コンテンツへの自動吐き出しに制限がされるようになり、色々経由しておこなう必要があります。
今回は私のやり方をご紹介します。

「IFTTT(http://ifttt.com)」というウェブサービスを使っていきます。
「IFTTT」は、様々なSNS機能を簡単設定でつないでくれる便利ツール。
日本では馴染みのないSNSもありますが、TwitterやFacbook、WP、Evernote、Instagram、メールなどを連携させてプッシュ型の情報収集ができるようになります。
例えば、これらSNSを更新したらメールに自動転送させ、備忘録を残すこともできます。
複数のSNSを一つのサービスとしてまとめることなんかもできます。

で、このサービスを使って以下のような設定をしています。

①GoogleReaderにTeitterのFavoriteのフィードを登録
②登録したフィードに「☆」をつけると、
③GoogleReaderの☆がついたフィードをWPへ投稿するように設定

私の場合は、スマートフォンでGoogleReaderを読めるアプリとWP公式アプリをインストールして、GoogleReaderアプリで☆をつけて、WPで投稿するように設定。自動投稿もできますが、IFTTTがGoogleReaderを重複して読み込んだ結果、WPで連続投稿してしまう場合があるためWPの投稿を「下書き」に設定しています。
私の場合、IFTTTで「Check now(強制読み込み)」してしまうからなのかもしれませんが、「下書き」で使っています。

このIFTTTは、相当使えそうなので今後も色々活用していく予定。
面白いウェブサービス。

最近やってるあれこれ

なんだか最近激しく色々やっているので備忘。
一年後はたいていのことはしていなかったり、していたことすら忘れてしまっていたりするんだろうなぁ。

◯メインブラウザをChromeからSafariへ変更
 動画の音声が突然出なくなりイライラ加減と、毎日見ていて飽きてきたため変更。
 現在移行中。リーディングリストが超便利でビビる。

◯フォント作成
 細文字フォントを作成中。そろそろこのサイトもIndexページが必要かと思ってリニューアルを検討している流れで。
 Glyphsというフォント作成ソフトがかなり使える!








 これまで色々「フォント作るぞ」⇒「”S”で挫折」のループでしたが、このソフトはソフト内の作成ツールも相当使える。
 私は、Illustratorで作成したパスデータをコピペして作っていますが、パスポイントの位置調整機能はフォント作成用に特化されているからコピペ後も調整がしやすい。文字間調整もかなりイケてる感じです。
 フォントと言っても今回は、ウェブフォントに挑戦中。ttpやotpなどで書きだしたフォントをwoff形式に書き出すわけですが、武蔵システムの「WOFFコンバーター」。このコンバーターが無料でインターフェイスも抜群なのでおすすめ。MacでもWindowsでもOKです。

◯iPhone5カバー購入
 フォーカルポイントのウォレットタイプのカバーケースが欲しかったけど、なかなか輸入されない。
 予定発送時期からさらに半月程まっていたけど、もー我慢なんねーということで探していたらありました。ビレッジバンガードに。こいつです ↓ 。



「ビンテージ加工がされているので良い味の傷が入ってるし、マットタイプの革なので合皮特有の変なテカリはないです。」


「ノリがはみ出ちゃってるけど拭けば消えるので愛嬌で許せます。」

 電話してると若干合皮臭が漂うけど、見た目使い勝手も超グッドで気に入っています。ブランドはロゴとかも記載されていないので不明ですが、この辺のシンプルさも良い感じです。

◯FATBoy SLIM「Big Beach Bootique 5」
 相変わらずやばいです。
 今回は来年2013年の来日を狙ってかDVD付きで2800円です。「Live on Brighton Beach: Big Beach Boutique 2」も持ってますが、このCDとDVDがもたらす幸福感はないです。ノーマン・クックも来日するし、行くしかないな。
http://www.amazon.co.jp/Big-Beach-Bootique-Fatboy-Slim/dp/B009AT5IIG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1353834670&sr=8-1

◯iTunesとiPhone5をWiFi同期
 紐なしで簡単に同期できるからかなり便利。今まで知らなかっただけにとても良い感じ。

iPhone5 Case”HEX Axis Wallet for iPhone 5″

これが今のところ一番欲しいケース。


“HEX Axis Wallet for iPhone 5”

iPhone5は薄くて軽いので、多少重くても(40gくらい?)、ガッチリ覆えるウォレットタイプがほしい気分。
ウォレットタイプの私の中の基準は、以下の3点。

①カードが入れが3つ以上ある
②皮タイプ
③iPhoneを収める場所がプラスチックではない

これを満たすタイプは私が探した限りこの”HEX Axis Wallet for iPhone 5″しかなかった。

BookBook for iPhoneの5版が出るという話もあるらしいので延期しようとも考えましたが、随分メジャーになってしまって、「本じゃなくて、iPhoneケース」というネタバレ感がちょっと恥ずかしい気もしないでもないので、ひとまずこれを買う感じになりそう。

問題はカラー。
今のところ、黒になりそうな予感。
レッドと最後まで悩みましたが、会議のときに机に置かれているイメージを想像して。
休暇中をイメージすると、レッドもありなんだよねぇ。





初めどうかなーと思っ…

初めどうかなーと思ってたけど、最近露出が多過ぎて良いもののように思えてきた。バズ広告激し過ぎ。「カッコイイ本ですね。ええ、アイフォーンです。 http://t.co/2eUcvRK via @gizmodojapan #gizjp

MyWi導入!

MacBookAirを購入してみたもののモバイルネット環境がないとただの鋭利なパソコン。

ということで、MyWiを導入してみました。

トライアル版を早速入れてみるも、速度は予想をはるかに上回るもので、YouTubeなんかもサクサク(?)閲覧できる程です。iPhoneのYouTubeAppは最近特に重く、どうしようもない状況ですが、SafariやらLunaScapeやらで見た方が早いというのはいかがなものか。
まま、こんなのに比べたら全然早い速度ということ。

で、あまりにも使える(インターフェースもこなれててクール!)ので、購入することに。

購入するには、AmazonPaymentかPaypalが必要となります。

はじめは、Paypalを考えていたのですが、まークソ過ぎて笑いました。
カードのチェックのために? 200円請求しましたから? その請求書内に記載の?番号を?入れてください? 私のカードは丸井のだったので、あとどんだけ待てば請求書来るんだよ? 的な状態だったので断念。あれはクソ認証だから止めた方が良いよPaypal君(←誰?)。

Amazonはそれはもうカンタン。だってAmazon.com(日本のではなくUSのです)にアクセスしてアカウントを作成すればOK。私の場合、いつのまにか作成していたらしく、アカウント情報にカード番号情報を追加するだけでしたので、速攻準備完了です。

で、購入方法ですが、作業自体はカンタンなのですが、色々ややこしいです。

まずCydiaにアクセス。トップ(Cydiaを開いて下部メニューの左(Cydia))内にMyWiのバナーがあり、Purchaseなんちゃらと書いてあるところをタップします。なぜだか、FacebookアカウントもしくはGoogleアカウントにログインすることを求められるのでいやいやながらも入力。
私はGoogleアカウントで入りましたが、別アカウントを取らなくても日本語で使う普通のアカウントでOKでした。
で、AmazonPaymentかPaypalの選択を選ぶ画面になります。もっちろんAmazonPaymentを選んで次の画面へ。AmazonPaymentの画面が開き、どこに送るか? カード番号はこれでOKか?などと聞かれ、選択していきます。(送り先を聞かれてもなにか送られるわけではないのでAmazonのアカウント開設時に入力した住所でOKです)

最後にカード認証が入ります。ここでボーっとしていると画面が自動更新され(更新されない人は右上のReloadボタンをタップ)、認証が通過すれば見事購入に!

実はここからがミソ。英語で色々書いてあるわけですが、まーよくわかりませんでしたw とにかくこれで、購入したわけだし、と一旦iPhoneのホームボタンを押し、MyWiを起動。すると…

MyWiの下部に「3日でトライアル期間が切れるからね」表示がされてる。

てことはアプリと購入情報同期してないんじゃない? となるわけです。

答えは、CydiaでMyWiを開き、Modifyする、だけ。
これを忘れてしまうとトライアル期間を過ぎると普通につかえなくなります。

多分の購入の一連の流れでModifyすることができるのかもしれないし、そうすべきだったのかもしれませんでしたが、ModifyしてRebootボタンを押した後、ローディング状態が2〜3分継続。多少イライラきたのでiPhone自体を再起動してみると起動しない!2回目も起動せず。で、これはもうJBの呪いだとあきらめかけたところでようやく再起動完了。ふー。
無事に「3日トライアル・・・」が表示されず、成功しました。

仮説ですが、購入後のModifyは購入完了情報を含み(実際、Purchase Complete!と書かれていた)、端末の個別情報の認証を含むため時間がかかるものと思われます。まー気長に待って再起動しないようなら強制終了もありかもしれないけど、相当気長に待たないと本来は購入認証がうまくいかなくなる恐れがあるので用心が必要ですね。

あーこれで準備万端万端。早く来い来いMacBookAir!

ちなみに、JBは自己責任でね。

Good Product”The SuperHero Backup and Charger for iPhone”

なにこれなんかすごい。
充電しながらSDカードにデータのバックアップが取れるとのこと。
製品には4GバイトのSDカードが付いて、1万500円!
この値段は逆に心配。

Good Product”XPERIA PLAY”

いよいよ発表、プレステ携帯「XPERIA PLAY」。
なんか先の「NGP」の発表があってか、さほど感動が薄いと思ったのは私だけでしょうか?
ともあれ、日本では2月14日午前3時発表(ていうか、来週じゃん!)される本機体。
スペック情報の詳細はわかりませんが、スライド式デザインでAndroid OSとのこと。Androidだと気になるヴァージョン。まさか2.xはないでしょう。気になります。


“XPERIA PLAY”


“先行公開されている超シュールなXPERIA PLAYのCM。久しぶりに「ヤバい」と思った。”


“そして、なかなか素敵なiPhoneをPS化するグリップ?コントローラー。で、この商品の短所は音が出ないこと。なんじゃそりゃ。”

Good Product”elago S4 BREATHE Case for iphone 4″etc…

1年前くらいにact2.comでVMware Fusionを購入してからのお付き合いである同サイトのiPhone関連商品は良いです。チョイスが良いのとサイトもこじゃれてて購入心をくすぐられます。ということで、同サイトの商品を紹介。気になる方は、「act2 ストア – Mac/Windows ソフト・iPhone/Android ガジェット&アクセサリ act2.com」(http://www.act2.com/store)へ。

elago S4 BREATHE Case for iphone 4
¥ 近日発売 全3色
パ ニ ナ ロ コ レ ク シ ョ ンダウンジャケット風バーチカルiPhoneケース
¥ 2,100 全3色(Black / White / Purple / Blue)
elago SkiniPhone ドレスアップ
¥ 2,890 全8種類

Good Product “Apple TV 2G”

いよいよ本気を出して再登場の第二世代「Apple TV」。
「TV」とかいうので、無料でだだ流しのアレを想像してしまいがちなので、個人的にはやめた方が良いと思うのだが、代替案が提示できないので置いておく。
私が惹かれた点は、以下の3点。

  • 「自宅のTVとHDMIないしHDCPで接続できる点」
  • 「Wi-Fi機能がついている点」
  • 「iPhone、TV、iMacで視聴デバイスが選べる点」

「テレビと接続できるからTVなんだー」という感動はさておき、私の自宅のTVはネット接続できません。このことが微妙にストレスを感じていたので、これが改善される。Wi-FiがついていることもTVとつながるということでグッド。
で最後の「視聴デバイスが選べる点」はかなりのポイント。「レンタル」した場合は、視聴するデバイスはダウンロードしたデバイスに依存するらしいので、アレですが、購入した作品(購入するくらい再閲覧の可能性が高い作品)は、TVだろうがPCだろうが、ベッドの中だろうが視聴できるのは良いです。最近、リモートでMacにアクセスして寝床で映画を見るケースがあるので、この機能は本当に便利。レンタルDVDでも最近では子どもへの影響を考えて、大好物のバイオレンスやサスペンスは控え気味なので、この点も「寝静まっていたらTVで。起きてたらiPhoneまたはiMacで」みたいなことができて良いですなぁ。
いやー欲しい!

「リュウド アールボードフォーケイタイRB​K-2200BTi」買った

話題のBluetoothBluetoothキーボード「リュウド アールボードフォーケイタイRB​K-2200BTi」購入してみました。
このエントリーを書いているのですが、なかなかコツが必要そうだ。
早速「Enter」ボタンの小ささに困惑気味。でカギカッコの閉じの方がキーの表示と違っていたり(これは仕様なの? と丸カッコを書こうとしても左に一個ズレだわ)するけど、まぁこのキーボードを使うときはデスクトップがない場所とかiPhoneの打ちづらいキーボードしかない状況だし文句はないね。
しかし、これだけの文字を打っていて思うのが、打鍵感が素晴らしい、てこと。
程よい沈み感というか・・・。
これで、計画していた執筆活動を開始します。

動画で見るとこんな感じです。

iPhone Apps「Instageam」

正方形枠の写真は好きです。
レイアウトが平面になるので撮る際は緊張するし、見る人に対しても同様の緊張を生むから。
ということで、写真アプリの「Instageam」は簡単登録で無料で写真をスクエアに編集できます。構図的に失敗した写真やありふれた身の回りの風景写真も簡単に作品に早変わりです。オススメです。

iPhoneアプリ「iVOCALOID」気になる。

つまりこんな感じのアプリ。

VOCALOIDは気になっていたソフトで、Mac版があれば買ってたかもだけど、

あの機械音機械音がやっぱダメだな。

という意味では今話題になっている「iVOCALOID」は、イントネーションを二次関数で操作できる機能がすばらしい。

QNAP 外出先アクセス成功

ようやく念願であったVPNで自宅のQNAPへのアクセスに成功しました。
Linux素人、モデムとルーターの違い、LANとWANの違いも覚束ないような私でも、約二週間にあればできるので、備忘と同様のことで悩まれている方のご参考になればと。
iPhoneでの接続を当初から想定はしていたものの紆余曲折した経緯もありますので、その辺りの経緯がなければ3〜4日で普通の方ならいけたかもしれません。
私は色々悩みました。

本題に戻しますと、下記の状況です。
私の環境は、ちょっと状況が特殊だったのでその辺も合わせて。
正直、下記にあるような状況でなければかなりカンタンにいけるかと思われますので、ほかのサイトを探して下さい。
※下記設定をした際に生じたいかなる問題の責任は負いかねますのでご了承ください。

私の状況は下記の通り。

  • モデム:Aterm DL 180V-C
  • ルーター:IO-DATA「WN-G54/R3」⇒後にバッファロー「WHRーHPーGN
  • 作業環境:Mac OS X 10.5(以下PC)
  • 外出先接続クライアント:iphone4(以下iPhone)

目的は、
QNAPに外出先からアクセスする環境を構築すること。セキュリティと運用の手軽さを考慮して、自宅サーバの方式を取らずVPN接続による自宅LANへの接続。

【課題と解決方法】
まず状況的に二重ルーター状況の回避が課題となりました。
KDDIのレンタルモデムにはルーター機能も付属しています。
これがLAN内の接続状況を複雑化させます。ちなみにこのレンタルモデムに外部機器を付けるとKDDIからのサポートは受けられなくなりますので注意が必要です。
さて、
二重ルーター状態からこれを回避する方法はネット上に多く記述があり参考になりましたが、私が使っているモデムは中でもなかなか厄介なことで有名な機器とのことで、設定に少々コツが必要でした。

<Aterm DL 180V-Cの二重ルーター回避方法>
「Kagemaru-info」さんと「デジタリアン 4 JM」さんの下記ページが非常に参考になりました(ありがとうございました)。
「Kagemaru-info」さん:http://www.akakagemaru.info/port/aterm180.html
「デジタリアン 4 JM」さん:http://chain-hearts.jugem.jp/?eid=267

この2サイトの情報を合体させて設定をしましたが、「Kagemaru-info」さんの方は二重ルーターを想定されていないので、冒頭の「製造元NEC推奨IPアドレス192.168.0.71にパソコンのIPアドレスを固定し」を参考にして、設定していきます。
まずは、2つ目ルーターを外し、Aterm DL 180V-CとPCを直繋ぎにします。Aterm DL 180V-CとPCの間にルーターがあるとPCのIPアドレスのセグメントがAterm DL 180V-Cのセグメントと変わってしまうため、直繋ぎにしないとネット接続がおかしくなります。この状態にした後、設定をするPCのIPアドレスを192.168.0.71にしてPCを再起動します。再起動後、設定をするPCのIPアドレスが192.168.0.71になっていることを確認してから以下の設定をAterm DL 180V-Cで行います。

Aterm DL 180V-Cの管理画面にログインしたら、「ポートマッピング」でルーターのIPアドレス(WAN側)を指定してプロトコルから「TCP」を選択してポート番号1723を開けます。さらにルーターのIPアドレス(WAN側)でプロトコルから「その他」を選択し、プロトコル番号の47番を追加で開けて、Aterm DL 180V-Cを再起動します。
再起動後、PCのIPアドレスを「DHCPサーバを使用」で自動で割り振られるように設定します。この設定後、2番目のルーターをつなげる流れですが、2番目のルータをつなげるとセグメントが変わり、ネットにつながらなくなるので、2番目のルータをAterm DL 180V-Cとつなげる前に設定しておく必要があります。これでひとまずAterm DL 180V-Cの設定は完了です。
※このIPアドレス固定による設定は最初だけで良いかもしれません。実際、上記通りやろうとすると、二番目のルーターのWAN側IPアドレスが不明なため設定ができません。アドレスを確認するために一回は二番目のルーターを繋げるフローが発生します。実際、確認してからさらにモデムと直繋ぎしてIPアドレスを固定して…ということをしていないので、もしかすると一回でも上記のIPアドレスで固定させてモデムを設定すれば良いのかも(不明)

<2番目のルーターの設定>
私は当初、ルーターにPPTPサーバがインストールされた機器の存在を全く知りませんでした。そこでQNAP上でPPTPサーバの設定、ひいてはVPN環境の設定を行うためにOpenVPNのインストールを試みました。そこでLinuxを高速で学習するわけですが、うまいことインストールできず2〜3日費やしてしまいました。自宅のルーターにPPTPサーバが入っている機器を使うことをオススメします。ちなみに購入したルーター「WHRーHPーGN」は5000円程度で買える安価なルーターです。この上位機種の「WHRーHPーGN/U」もありますが、8000円し、まだ繋がる確証が持てなかったので無駄になることを考えてろくに調べもせずに購入していません。もしかしたら、大幅な改良がされているかもしれませんので購入してみては? まま「WHRーHPーGN」で目的を達せられたのでアレですが・・・。

で、設定ですがこれは通常通り、PPTPを設定する方法で普通に設定してください。
WHRーHPーGNの管理画面にログイン後、Internet/LAN > PPTPサーバー で、「PPTPサーバーを使用する」にチェック、「認証方式」は任意のものを指定。私は色々設定してつながるものを発見しましたが・・・(内緒)。その後、「PPTP接続ユーザーの表示」内でユーザの設定を行います。ここの接続ユーザー名とパスワードはiPhone側での設定時に使いますのでメモしておいてください。「IPアドレス」部分は、「DHCP取得」を選択。「DHCP取得」を選択しておくと、2番目のルーターが割り振るIPアドレスをPPTP接続クライアントのIPとして使用することになります。「PPTP取得」にする人は、どんな人かというと、PPTP接続するクライアント(私の場合はiPhone)がVPN接続する以外のLAN内にいる場合(私は外出先でのアクセスを想定しているのでLANの存在は無視しても良い)、2番目のルーターが割り振るIPアドレスがPPTP接続クライアントが接続しているLAN内のIPとバッティングする可能性があり、これを避けるために「PPTP取得」があるのか?と妄想してみる。
その後、Internet/LAN > LAN 内にある「DHCPサーバー機能」を「使用する」にチェック。こうすることで、上記のように2番目のルーターに接続されている機器に振られるIPと同様にPPTPクライアントに割り振られることになります。よって、同一LAN内に割り振られる、ということです。
あと、セキュリティー > VPNパススルー で「PPTPパススルー」の「使用する」にチェックを入れます。
さらに、Internet/LAN >DDNS でDDNSの設定を行います。DDNSを設定しておけば、WAN側のIPアドレスが変更になっても柔軟に対応できるのでOKとのこと。くわしくは他サイトでどぞ(私が書くと誤る可能性があるため)。
ここからは正直ちょっと自信がないです。実際DHCPサーバ機能を使用する状態になってはいますが、本当に有効になっているのかわからなくなる事象が多くあったためです。
やったことはポート変換(ゲーム&アプリ > ポート変換登録)。ここでもさらにPPTPのポートを開ける作業をしています。
「Internet側IPアドレス」をモデムに向けています(書いてて思ったけど、これは関係ないかも)。
以上で、モデム、ルーターの設定は完了です。続いてはiPhoneの設定。

<iPhoneの設定>
これは本当、そのままです。とくにコツはないです。詳しくは、他サイトで。「暗号化レベル」とかをいじっても良いですが、ひとまずは「説明」「サーバ」「アカウント」「パスワード」の設定のみにしておきましょう。開通が確認できた後に設定した方が良いです。選択肢が複雑化し、どこに問題があるのか測れなくなるためです。

<開通テストのコツ>
これで完璧!と思っても繋がらないことがあります。
私はVPNマークがiPhoneの画面のヘッダー部(WiFiマークや電池状態が表示される箇所)に表示されれば開通と思いきやLAN内のコンテンツに繋がらず…。
そこでまず開通後チェックすることは、iPhoneのIPアドレスがちゃんとLAN内のIPアドレスになっているかどうか。
私がチェックで使ったのは、「Ping Lite」というアプリ。無料だったか忘れてしまいましたが、このアプリの良いところは、その機能も良いですが、アプリを開くと、下部にIPアドレスが表示されるところ。ここで、「IP:○○○.○○○.○○○.○○○ ○○○.○○○.○○○.○○○」のようにIPアドレスが二つ並んで表示されています。このIPアドレスの前者は無視して、後者のアドレスをチェック。接続したい機器と同じLAN内であれば成功です。
例)QNAPのIPアドレスが192.168.200.5の場合、VPN接続した状態で「Ping Lite」アプリを開き、表示されるIPが192.168.200.○○○であれば、○○○の前が「200」であるので成功。
この状態でもSafariでIPアドレスでQwebに繋がらない!という方、私もそうでした。でも、翌日アクセスしてみるとあっさりつながる、という結果に。これは一晩寝かせないとダメなのか?そんなことはないです。おそらく、これは想像ですが、こんなテストはどうでしょうか? まずiPhoneのWiFiを切り、本体の電源をオフに。再起動後、3G接続の状態で、VPN接続し、Safariでチェック。つながっているはずです。これはおそらくWiFiのキャッシュが残っている?から?みたいな?妄想です。
少なくとも、「Ping Lite」の上記の確認でQNAPと同じIPアドレスが振られていればほぼ間違なくVPN接続できています。私も特別な設定を行っていません。

と長々と書きましたが、私が困って頼りにしたのは、成功した方のブログでした。
それはこれが良いと言われれば、やってみて、ダメなら、ほかの方法を、というやり方で。
開通した結果、今私の頭には、これまであいまいだった、モデムやらルーターやら、PPTPやらDDNSやら専門用語のある程度の解説ができるようなレベルまでの知識です。つまり、よくわからないけど文脈でこういうことだろ?的な理解では、躓いてしまい、思考の発展ができませんでした。これらの用語の意味をいちいち調べ、意味を理解するようにすれば、検索のとっかかりができて方法の発展が可能となりました。私の環境と同じ環境の人は、そうはいないと思いますが、そうでないならまずは不明な用語を調べてみることからはじめてみてください。あと使用しているモデム名とかルーター名とかも検索のとっかかりとなりますので調べてみてください。
2週間前までは何もわからなかったネットワークど素人がなんとかなりますので、VPN接続をしようと考えるあなたならできるはず!頑張ってください。
最後にずっと使いたかった言葉を「自宅クラウド環境構築できたー!」

QNAP 外出先アクセス難航中<まとめ>

この2週間、相当調べまくった結果、ようやくiPhoneによるVPN接続が確立しました!
が、LAN内のIPに接続できない状態。
パケットが?開通?していない?状況だと思われますので、少々調査を。
ようやく前に進んだ感じがしている。
ちなみに今の状態で、wwwのアクセス方法はできるように!
でも、目的がVPNによる制御なので速攻で閉じました(これも大進歩ですがw)。

この状況でわかったこと。
それが・・・VPN接続は相当高難度の設定であるということ。
そして、KDDIから支給されるレンタルモデムは糞であるということ。
KDDIのせいというわけでもないですが、型が古く、ルーターモードをブリッジモードにできないという問題があり、二重ルーター状態になります。二重ルーターになるとポート解放やらルーティングが複雑になり、設定が難航、というか、複雑化し素人の私ではもはやお手上げでございます。
これでつながるはずなのが、繋がらず、もうダメだ、ということで、プロバイダーに確認。
「御社のレンタルモデムは、ブリッジモードにできるのか?できないなら解約するがそれで良いか?」
回答は、
「弊社のレンタルモデムは、全てブリッジモードにできません。(現在ADSL契約)auひかりにしても、ブリッジにできるモデムはない」とのこと。
つまり、解約しても問題ない、と。OKわかった。解約だよ、解約・・・。
で、色々調べてみると、どうやらSo-netのレンタルモデムは、ブリッジモードにできる、との情報が。
プロバイダー契約時には、こんな知識もなく単に携帯がauだからネットもKDDIだ、と考えていたけど、まさかこんなことになるとは・・・。
ブリッジモードにしたからといって、全てがうまくいくかは不明ですが、とにかくやってみます。

<やったことまとめ>
・QNAP OpenVPNのインストール →不可
・QNAP OpenSSHのインストール →可
・PPTPサーバ環境 →ルーター「WHR-HP-GN」を購入
・Aterm DL180V-Cのポート解放 → Aterm⇒ルーター⇒Atermという技を使い解放(多分できてる)
 ↑なかなか色々なサイトを参考にポート解放ができるようになりました。この内容は時間ができたらまとめます。

iPhone App Qmobile 使ってみる

設定がなかなか渋い。

色々調べた結果以下の流れが良いでしょう。

1.QNAPのファームウェアのバージョンを最新にする(3.3.0以上)
2.QNAP上でファームウェアの更新を行う(当然か)
3.QNAPの管理画面 「ネットワークサーチサービス」> タブ「Bonjour」の下の方にある「iPhone/iPod Touch向けQMobile」にチェックを入れる
4.QNAPの管理画面上部の「Multimeda Station」にアクセス
5.「Multimeda Station」に初回アクセス時に新しいパスワードの入力を求められるので、新規パスワードを入力
 ※この動作をやっていないと、つまり初回アクセスしないと、Qmobileでアクセスエラーが出るので必ずおこなう
6.iPhoneにQmobileをインストール
7.iPhoneにQmobileを立ち上げ「Automatic Discovery」でサーチ→検出
8.7検出後にQNAPで設定したアカウント(別途アカウントを作っても良い)でログイン。これでOKなはず。
以上がLANでのアクセスの方法。
で、課題のLAN外(3G)からのアクセス方法ですが、これがまたできねーできねー。
DDNSの設定をして、QNAP上でも設定するところまでいけましたが、つながらねーつながらねー。
QNAP管理画面「WEBサーバ」のところの設定の問題かもしれないけど、ここを弄るにはセキュリティ知識があまりなさ過ぎるので今後の課題ということに。
どのみちWPを運用してみる予定なので、このあたりでWEBサーバとは対峙する必要があるので、そのころにまたやりますか。
いやー渋過ぎ!

QNAP TS-110 を買う

すげ。
なんかいきなりよくわからんちん状態で、いきなり海に投げ出された感じ。
選択肢が多すぎて何からやったら良いのかあたふた。
とりあえず、Qmobileの設定から、と思いきや「Automatic Discovery」ができず・・・。ウェブで見ると、「ファームウェア3.3.0以降」でうまくいくということで、付属のCDのファームウェアが2.5.1とかだからできないんだ、とかでファームウェアのバージョンアップを試みるも、ZIPファイルをダウンロードして、解凍されたファイルをダブルクリックして、「マウントできません」表示に困り、管理画面の「ファームウェアの更新」からやればいいーんだ、とかであたふた。ふー。
おもろ。
はじめてMacを買ったときも、おっかなびっくり使っていたけど、そういう感じで懐かしい。

ひとまず、やりたいことを備忘しておく。これはしばらく遊べそうだ。
・Qmobileを使った外部アクセス
・外部ストレージ環境の構築
  -MySQLを使った非公開Noteサイト作成
  -WordPressの構築
・自衛手段の学習
・既存のHDD内データの引っ越し
・TimeMachineの設定
・PHP環境の整備
・UbutuとかLinuxのインストール

ちなみにNASとは、Network Attached Strageの略で要するにシェアを目的としていない自己利用情報管理サーバのこと。
現在盛り上がっているのは、HDテレビ録画の外部記録媒体用としての利用で技術が進化しており、ネットTVの拡張機能として今後発展が見込まれる仕組み。多分年末商戦あたりでじんわり各社が売り出しにかかるのではないだろうか。
これまでもNASはあるにはあったけど、転送スピードが遅いのと、省エネ機能が弱く、ネット接続したPCをデータ専用化して運用するのとさほど変わらない、というか劣っていたこともあり、あまり盛り上がらなかった。近年、スピードの向上、省エネ、省スペース化が激しく進み、注目されている。
クラウドとか言われていますが、個人的には、便利になればなるほど、依存していく必要があり、実際私もGoogleなしでは生活できないほどになってきました。Gmailやカレンダーは今後も使っていく予定ですが、家族の写真であったり、本当に個人的なデータを人に依存するのはちょっと怖い気がしています。ネット(クラウド)で便利化するのは、公共のものだけで、本当に大切なものは自己管理が一番だろうという判断。

みなさんもウェブ上で情報の自己管理してみませんか?

Firefox Sync使ってみた

予定通り、ブックマーク表示できず...。
ヘルプを見たら速攻で同期できました。
参考にしたヘルプは、Firefox Sync の 同期データを置き換えるで、Firefox Syncアドオンをインストール後にポップアップウィンドウで表示される「はじめてですか?」「ほかのPCでも同期してますか?」的な二択のアレで後者の方を選択する方法。再び選択するためには、Firefox > 環境設定 > Sync で「アカウント管理」(▼印がついている四角アイコンの右隣) > 別のアカウントを使用 を選択して初期化するとできます。既に他のPCでFirefox Syncをインストールしていれば別ですが、初めてインストールする場合なら、全て「次へ」ボタンを押して進んでいき、PC上での処理が終わった後に、再びiPhoneに戻り「Setting」で「Refresh」ボタンを押下すればOK。

インストールした感想は、で?という感じ。
ブックマークはGoogleツールバーを使っているので、特にFirefoxのブックマーク使わなくても良いし・・・というか。
まだ大して使ってみていないのでアレですが、「タブ」(≒ 履歴?)は意外に使えるかもしれない、などと思いつつ。
例えば、ウェブをガンガンやっていて、外出しなくてはいけなくなったときに、出先からさっきの続きのウェブを見るために、appを立ち上げてRefreshすれば、続きを見られる、とか?(そんな機会そんなにねー)という感じでしょうか?
ノマドワーキングとか言われている昨今ですが、ノマド化を進めていくとますます物理的な移動とかは、無意味なものになってきたりして、レジャー化するのでしょうか?息抜きとか?
ネガティブに考えれば昭和生まれの私としてはアレですが、個人的にはいたってポジティブにIT化の恩恵を楽しんでいます。
まだまだ物理的な手段が有効な時代の現代にあって、アレコレ気になってちょいちょいウェブで調べたり、分厚い本で情報収集しているような人が、これからはITをブリブリ活用する素質をもっているのではないかと睨んでいる。
便利になったって使わない人は使わないし、便利と思う人はそもそも不便さを感じていないと便利と感じないわけですねぇ。

iPhone App ” iVJ “

色々できそうな予感のあるVJアプリ「iVJ」。

軽く触ってみた感想は、コントローラーがシンプルなので普通に迷わないということ。

プリインストールとして2素材入っているので購入後いきなり始められます。

素材の追加もiTunesを使ってカンタンにできるそう。

iOS4のみインストールできます。

外部出力は、iPhone4のみで可能(3G/3GSは不可)。

【特徴】

・軽快なアルファブレンドミックス
・リアルタイムに文字入力が可能なテキストレイヤー搭載
・動画のスピードコントロールが可能
・映像ソースはiTunesからUSBケーブル経由ですばやく転送可能
・映像フォーマットはiPhoneで再生できる動画形式に対応
○H.264 video: (.m4v, .mp4)
○MPEG-4 video: (.m4v, .mp4)
○Motion JPEG: (M-JPEG) (.mov)
・QVGA(320×240) 解像度の動画奨励
・プロジェクター等への外部出力に対応。
別途対応アクセサリをお買い求めいただくことによって、
アクセサリ経由で外部映像出力が可能です。

※外部出力はiPhone4Gのみの対応となります。
3GSその他のiPhone/iPodTouchは対応していません。

対応アクセサリ:Apple コンポジット AV ケーブル
http://store.apple.com/jp/product/MB129LL/B
Apple コンポーネント AV ケーブル
http://store.apple.com/jp/product/MB128LL/B

※iOS4専用アプリです。

iPhone App”iVJ”

色々できそうな予感のあるVJアプリ「iVJ」。軽く触ってみた感想は、コントローラーがシンプルなので普通に迷わないということ。プリインストールとして2素材入っているので購入後いきなり始められます。素材の追加もiTunesを使ってカンタンにできるそう。iOS4のみインストールできます。外部出力は、iPhone4のみで可能(3G/3GSは不可)。

【特徴】・軽快なアルファブレンドミックス・リアルタイムに文字入力が可能なテキストレイヤー搭載・動画のスピードコントロールが可能・映像ソースはiTunesからUSBケーブル経由ですばやく転送可能・映像フォーマットはiPhoneで再生できる動画形式に対応○H.264 video: (.m4v, .mp4)○MPEG-4 video: (.m4v, .mp4)○Motion JPEG: (M-JPEG) (.mov)・QVGA(320×240) 解像度の動画奨励・プロジェクター等への外部出力に対応。別途対応アクセサリをお買い求めいただくことによって、アクセサリ経由で外部映像出力が可能です。※外部出力はiPhone4Gのみの対応となります。3GSその他のiPhone/iPodTouchは対応していません。対応アクセサリ:Apple コンポジット AV ケーブルhttp://store.apple.com/jp/product/MB129LL/BApple コンポーネント AV ケーブルhttp://store.apple.com/jp/product/MB128LL/B※iOS4専用アプリです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。